現金がもらえる場合のメリットやそれぞれの特徴を説明していきます

サイトメニュー

お金をもらう前に

医者

選ぶ基準と基礎知識

会社員やアルバイトをしている時にうつ病になるようなこともあります。この時には、会社に行けなくなることもありますので何らかの対策をしておかなければできません。その方法の一つが、障害年金をもらうことです。障害年金をもらう場合には、まず診断書が必要になります。うつ病の診断書を書いてもらい、それを申請することでようやく審査されるようになるでしょう。うまくいけば、障害年金をもらうことができます。ただ、診断書の内容があまり良くなければ、もらえない可能性も否定できません。そこで、どのような病院を選ぶかが重要になります。病院の中には、診断書をしっかり書いてくれるところとそうでないところがあるため、審査に通る内容を書いてくれる所を選びましょう。そして、十分な実績があるところを選ぶと良いです。例えば、精神科や心療内科のある病院のホームページなどを見ると、診断書を書くことに自信を持っているというような内容が書かれていることがあります。そのようなところを選ぶことで、安心して診断書を提出することができるでしょう。それ以外の書類に関しては、社労士にお願いするのも一つの方法です。社労士の中にも、障害年金に詳しい人がいますのでその人にお願いしてもらった方が審査に通りやすくなります。

うつ病で障害年金をもらうパターンでは、本人だけお金がもらえるとは限りません。実は、一定の条件を満たすことでその家族がもらえることもあります。家族といっても、子供がいる場合には子供配偶者がいる場合には配偶者が需給できるわけです。例えば、子供がもらえるパターンを例に見てみましょう。障害年金をもらうためには、通常1級から3級に該当しなければいけません。ただ、3級の場合には子供はもらうことができませんのでその点は注意をしておくべきです。自分がうつ病になった場合、その子供が障害年金をもらうことができる時の条件ですが、18歳未満であることや収入が少ないことそして同じ家に住んでいることが重要になります。実際にどれぐらいもらうことができるかは一定の基準があります。一人の子供に対して、年間22万円ほど支給されるのがポイントです。二人の子供がいれば44万円ほど支給されることをしておきましょう。ただし、3人目になると3人目の子供は7万円程度しか支給されません。4人名以上になっても同様になります。配偶者の場合には、配偶者がどれほど収入があるかによって決まってくるところです。一定以上の収入があった場合には配偶者の分をもらうことはできません。逆に、小遣い稼ぎ程度の収入しかない場合には、専業主婦と同じようにもらうことが可能です。