現金がもらえる場合のメリットやそれぞれの特徴を説明していきます

サイトメニュー

障害者が受ける所得保障

悩む成人女性

生活費を得て自己実現につなげられる

うつで働くのが難しい人は、障害年金を利用しましょう。仕事を続けて病気を乗り越えられるのであれば、生活費について考える必要はありません。しかし、多くの鬱病患者が無理をしながら就労していたり、会社を退社したりしています。体がつらいのに無理をし続ければうつの症状は良くはならないでしょうし、収入が得られずに生活に影響すれば鬱病患者は自信だけでなく家庭を失う可能性もあるのです。障害年金を受給すれば生活費や治療費に充てることができますし、無理に就労する必要がなくなります。障害年金のみでは生活費に満たない場合でも、足りない金額を補うために、軽めの労働をすれば十分暮らしていけるでしょう。生活費への負担から解放されることで、体や精神面にかかっていたプレッシャーが軽減され、病気にも良い影響を与えるのです。経済的に落ち着けば生活の質が上がり、将来的には自立したいなどの展望も抱きやすくなります。自己肯定につながるほか、鬱病によって自信喪失した人がアイデンティティを取り戻すチャンスとなるでしょう。障害年金は鬱病患者にとって、自己実現への第一歩となるひとつのツールです。心身的な休養を取り、鬱病の治療を時間をかけて行いながら、自分の可能性を見出せます。

障害年金を請求するのが初めての人は、受給に対して抵抗感がある場合も少なくはありません。特に、鬱病などの精神疾患の場合は一見して障害者には見えないため、自分でも障害者扱いをされたくないなどと考えがちです。しかし、うつにより就労できないのであれば誰に恥じることなく請求して構いません。障害年金と言っても永久に受給し続けられる訳ではなく、うつで働けない期間か、標準的な生活ができる程度の収入が得られない期間に限って支給される所得保障でしかないのです。また、障害年金が支給されていることが友人や会社にばれてしまうと考えて、請求を迷う人もいますが全く心配する必要はありません。家族などにも年金機構から支給に対する通知がされることはないため、誰かに知られるのを恐れて請求しないなどの状態は避けましょう。また、障害年金を受給する際に障害等級が2級以上になると国民年金の保険料を支払わなくても良くなります。ただし、免除期間は老年基礎年金に含まれないので注意が必要です。国民年金保険料を免除される立場であっても保険料は支払い続けられますし、うつの症状が良くなり働けるようになったら追納することもできます。障害年金の受給によって老齢年金をなるべく減らしたくないなら日本年金機構に相談しましょう。